information technology

安価になっている

だんだん安くなってきたサーバーのホスティング

technology

従来の企業コンピューターシステムでは、それぞれの企業毎に社内にサーバー室を設けてそこにサーバーを設置していました。そして、サーバー室には無停電電源や専用空調を備え、入退室のセキュリティーコントロールなどに多額の費用を必要としていました。通信回線の進歩により高速なデータ通信回線を安価で利用になってからは、サーバーを社外に設置してデータ通信回線を介して接続する企業が増えています。それは、サーバー室にかかる費用よりも、サーバーのホスティング費用の方が安上がりだからです。また、ホスティング費用は競争激化と技術進歩により年々安くなってきています。そのため、サーバーのホスティングを利用する企業が増加しています。

データセンターサービスの動向

初期のデータセンターサービスでは、電力や空調、通信回線などのインフラストラクチャを設置した場所を提供し、そこにそれぞれの企業がサーバーを設置するというものでした。それが、データセンター側でサーバーを設置し、ハードウェアも含めて提供するようになりました。その後、サーバー仮想化技術が進歩し、一台の物理サーバーを複数の仮想サーバーとして運用することが出来るようになると、データセンターは仮想サーバー毎に貸出しをするようになりました。現在は、この仮想サーバー技術が更に進歩し、通信回線を通じて申込をするとサーバーの構成を柔軟かつ迅速に変更することができるようになっています。これが現在のホスティングサービスです。