information technology

スピード化が進む

データ復旧はサービス拡大とスピード化が進む

technology

現在はデータ復旧サービスを提供する会社も専門会社化や規模の拡大が続いており、サービスの拡大が見られます。その特徴として、サービス面では取り扱いストレージやメディアが増加傾向にあり、ソリッドステートドライブやフラッシュメモリといった従来のハードディスク以外のデバイスも扱うところが増えています。 またデータ復旧に際して必要となる調査費用も無料で行うところが増えるなど、利用者にとっての利便性が高まりつつあります。さらに最近ではスピード対応を売りにするところが多く見られ、障害状況によっては即日対応も出来る会社もあり、サービスのスピード化が見られます。 データ復旧サービスは業者間の競走も激しくなりつつあり、今後はさらにサービスの拡大と、スピード化が進むと見られています。

データの復旧率を下げることに繋がる禁止行為についての知識

壊れたパソコンやサーバを何とかしようと試みて、その作業によって中のストレージのデータを駄目にしてしまうケースがよくあります。データ復旧会社に持ち込まれるストレージにもそういったものがあり、会社側もデータの復旧率を下げる禁止行為を挙げて、注意を呼びかけています。 禁止行為にはまずリビルドやデータの再構築があります。論理障害の時にやりがちな行為で、リビルドは高い確率で失敗をします。またHDDの順番を入れ替えることも、意味が無い上に自動でリビルドがかかるため、禁止行為になっています。他にもRAIDカードの交換は、データ構成がバラバラになるため、やはり推奨されていません。 このようにデータの復旧率を下げる禁止行為は多いため、ストレージのトラブル時は手を加えずにデータ復旧会社のような専門家に任せることが肝要です。